適用を受けられる取得者は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続又は遺贈(死因贈与)を含む。)により

小規模宅地等を取得した被相続人の親族である。(適用要件を満たした場合)

相続人以外でも、親族が遺言により取得した場合には、適用が受けられる場合がある。

親族以外の人、法人などは遺言により取得しても、適用は受けられない。


また、生計を一にする親族の貸付事業は、

その生計を一にする親族が継続して

貸付するということが条件になっている為

その生計を一にする親族のみが

適用を受けられると思われます。

 

 

2018年7月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 格安料金と高品質税理士業務埼玉県さいたま市大宮区税理士 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です