被相続人等の事業の用に供されていた宅地等とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

被相続人に係る相続開始の直前において、

被相続人若しくは

被相続人の生計一親族の

事業の用に供されていた宅地等をいいます

事業には

事業と称するに至らない不動産の貸付け

その他これに類する行為で相当の対価を得て継続的に行うもの」

が含まれます

無償や、

相当の対価に至らない程度の対価による不動産の貸付けは、ここでいう「事業」には該当せず、特例の適用を受けることはできません

相当の対価については

その貸付け等の用に供している資産の

減価償却費の額、固定資産税その他の必要経費を回収した後において、なお相当の利益が生ずるような対価を得ているかどうかにより判定するが

一般的な賃料で他人に貸し付けていれば

問題ない場合が多いと思われます。

親族や、同族会社に貸し付けている場合には

世間一般的な賃料でなければ、相当な対価かどうか問題にされます。

不動産貸付業、

駐車場業、

自転車駐車場業及び

準事業の用に供されていた宅地等の減額割合は50%となります

それ以外の特定事業用宅地等は通常80%の減額対象となります

2018年7月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 格安料金と高品質税理士業務埼玉県さいたま市大宮区税理士 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です