居住の用に供されていた宅地等が2以上ある場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

①被相続人の居住用宅地等が2以上ある場合(③の場合を除きます。)
被相続人が主としてその居住の用に供していた一の宅地等
②生計を一にしていた親族の居住用宅地等が2以上ある場合(③の場合を除きます。)
親族が主としてその居住の用に供していた一の宅地等
(親族が2以上ある場合には、
その親族ごとに主としてその居住の用に供していた一の宅地等、③において同じ)
③ 被相続人
および
その被相続人と生計を一にしていた親族
の居住の用に供されていた宅地等が2以上ある場合
イ 被相続人が主としてその居住の用に供していた一の宅地等と
その親族が主として居住の用に供していた一の宅地等が同一である場合
その同一の宅地等のみ
ロ 被相続人が主としてその居住の用に供していた一の宅地等と
その親族が主として居住の用に供していた一の宅地等が別である場合
被相続人が主としてその居住の用に供していた一の宅地等
及び
その親族が主としてその居住の用に供していた一の宅地等
(つまり被相続人居住用と、親族居住用につき
2か所以上小規模宅地の適用がある場合が想定されます)
詳しくは048(648)9380にご相談ください

2018年7月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 格安料金と高品質税理士業務埼玉県さいたま市大宮区税理士 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です