小規模宅地の特例とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続又は遺贈により取得した財産のうちに、
被相続人又は被相続人と
生計を一にしていた被相続人の親族
(以下「被相続人等」といいます。)の事業の用
貸付の用
居住の用に供されていた宅地等がある場合には、
遺産である宅地等のうち次に掲げる限度面積までの部分については、
通常の方法によって評価した価額から、一定の割合を乗じて計算した価額が相続税の課税価格の計算に当たって減額されます
事業用、居住用80%
貸付用50%
上記の特例の適用を受けるためには、
その宅地等を相続等により取得した個人が2人以上いる場合には、この特例の適用を受けるものとするその宅地等の選択についてその取得した個人の同意が必要とされています。
実務的には、遺産分割協議書があれば、それを添付
遺言により取得した場合には、
他の相続人の同意書が必要かは判断が分かれるところです。
相続税の申告書にその適用を受けようとする旨を記載するとともに、
所定の書類を添付することが必要です
相続開始前3年以内に贈与があった場合に相続税の課税価格に加算される財産及び相続時精算課税制度の適用を受ける贈与財産については特例の適用はありません

2018年8月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 格安料金と高品質税理士業務埼玉県さいたま市大宮区税理士 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です