名義預金について国税不服審判所が採決28年11月

このエントリーをはてなブックマークに追加

預貯金が相続開始時において
被相続人に
属ものであったか否かについては、
預貯金の出損者、(お金を出した人)
預貯金の管理、運用の状況、
預貯金から生ずる利益の帰属者(利息の受取人、管理者)
被相続人と
名義人
管理運用者との関係、
名義を有することになった経緯等を
総合考慮して判断するのが相当とされ
 

4300万円の名義預金のうち
被相続人が原資を支払った3700万円
は相続財産として課税された。